読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいことだらけ

好きなことをひたすらぶちまけるだけ。

シンデレラガールズのいろいろ

 
デレマス*1沼に足を入れ始めたのはアニメから。
この頃はCPメンバーを把握するので精一杯だった。
 
アニメ後半に入ったところでデレステが開始された。
アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ
改めて見ると正式名称長い。略称は偉大。
あっさりサービス開始初日から手をつけたのは、アニメからの流れもあるが、やはり音ゲーであるからというのが大きい。
 
そんなデレステが、なんやかんやでもう1周年を迎えていた。
音ゲーの側面で振り返ると、新曲が出るたびに何が何でもMASTERをフルコンしてやろうと躍起になっていた。
そのおかげか、(自慢になるが)今でもMASTER全曲フルコンは一応維持している。
初見で繋げたときはまさに愉悦。
一方MASTER+を振り返ってみて印象に残っているのは、現最強と名高い『サマカニ!!』のフルコン、そして『咲いてJewel』『きみにいっぱい☆』の初見フルコン。よくやったものだと自分を褒めたい。


キャラゲー、ソシャゲの側面で振り返ると、担当アイドルが増えていく一方であった。
そのせいでガシャ更新で我慢と覚悟の差がどんどん著しくなってきた。*2
SSR確率アップであるフェスでさえ、前回のときは我慢したくらいである。*3 

 

デレマスのキャラ達がおおよそ理解把握できるようになり、ついにモバマスの方を本格的に手をつけ始めた。*4

なるほどこれがフリートレードというものかとデレステにない機能を堪能したり、こちらのガチャやイベントの魔境っぷりに戦慄したり。デレステの青天井ガシャとどちらがマシなのだろうか。

 

そんなこんなで今ではデレマス沼に肩までどっぷり浸かっているのであった。

担当アイドルは神崎蘭子。サブ担当に双葉杏、森久保乃々がいる。*5

これからも担当アイドルが増えていきそうだ。

*1:アイドルマスターシンデレラガールズ」全般のことを指すと自分の中で決めている。モバゲーの方は「モバマス」と呼んでいる。

*2:最初は「とりあえず回すか」の気持ちだったが、担当が増えるとその子への全力のために他を我慢せざるを得ないという意味である。

*3:回さなかったとは言っていない。

*4:それまでは太鼓の達人のキャンペーンで曲の解禁のためにプロデューサーLvを上げていた程度であった。

*5:担当とまではいかないもののお気に入りのアイドルでは早坂美玲、白坂小梅、星輝子など、枚挙に暇がない。