やりたいことだらけ

好きなことをひたすらぶちまけるだけ。

テストプレイをしないサイゲ

誰がなんと言おうと「音ゲーとしてのデレステ運営はクソ」であると主張したいがための記事。

 デレステで運営がまともにテストプレイをせずに譜面をリリースしていることを示す出来事を書き連ねていく。

 

TOKIMEKIエスカレート(MAS)の難易度数値ミス

リリース時は27。後に28に修正。しかしスコアノルマは27準拠のまま。

仮に27と見なされリリースされていたとして、当時はまだ他にない特徴を持った譜面であったから基準がわからなかったと擁護はできる。

 

 ヴィーナスシンドローム(MAS)のリズムの取り方

わかりやすい動画がなかったので画像で。

f:id:msir3316:20180508113221p:plain画像元

二拍三連と符点八分のリズムの取り方の違い。

Bメロのボーカルを聴くと明らかに後者だが、譜面は前者の取り方。

 

ヴィーナスシンドローム(MAS+)のリズムの取り方

www.nicovideo.jp

とか思っていたら、Bメロのリズムは符点八分になったが、今度はラスサビ前の二拍三連のリズムが符点八分になる。

「華蕾夢ミル狂詩曲 ~魂ノ導~」も同様に、こちらは太鼓の達人でも疑惑がかかっていることから、この2者のリズムの違いは様々な音ゲーが抱えている問題である。

だが、ヴィーナスシンドロームは151BPM。これくらいなら2者のリズムの区別はできてほしいものである。

 

秘密のトワレ(TRICK)のリズムの取り方

これは以前Twitterで載せた動画がわかりやすいだろう。

明らかに不自然である。

また、現状のSMART LIVEのスライドの仕様でこの譜面をやらせるのは無茶であると思っている。

 

Hotel Moonside(MAS)のリズムの取り方

www.nicovideo.jp

「鳴り出した予感のベル〜」の部分。ここの乱打のセットは全て偶数リズムで終わるべきだが、奇数リズムもある。意味不明。

 

M@GIC☆(MAS)の配置ミス

www.nicovideo.jp

親指プレイで取ることが実質不可能な配置。後に修正。

担当者はタブレット派だったのだろうか。

まあ、現在の状況を見ると、「親指勢なんて知ったことか」というような譜面がわんさか登場しているのだが。それでもフルコンする親指勢がいるのだから人間とはわからないものである。そういう人間がいるからインフレが止まらないんだよなあ

どうであれ、運営の譜面製作は「やりごたえとリズム感・演奏感の両立」よりも「いかに難しくするか」に重きを置いているのは明らかである。

 

Romantic Now(MAS+)の配置ミス

f:id:msir3316:20180508020323j:plain

論外。

担当者は責任を持って辞めてほしい。

 

譜面を作っておきながらテストプレイをしない、これはゲームのステージを作っておいてテストプレイをしないということである。怠慢以外の何者でもない。

あのネット上で鬼畜難易度ステージばかり取り上げられるマリオメーカーでさえ投稿するにはテストプレイをしてクリアすることが求められている。

 

デレステ運営には過去に一度メールを送ったが、ここで改めて訴えたい。

頼むからちゃんとテストプレイしてくれ。理論接続でもいい、ちゃんと遊べることを保証してからリリースしろ。製品出すならそれくらい基本だろ?